節約上手な人はけちけちせず楽しんでいる

月収はニキビ > > 節約上手な人はけちけちせず楽しんでいる

節約上手な人はけちけちせず楽しんでいる

~節約とは~

節約と聞くとお金がなくて買いたい物も買えず、食べたい物も我慢して、というように辛抱して生活しなければならないイメージですよね。マイナスなイメージもあれば、お金はあるけれど無駄な部分は抑えるというようにプラスな事もあるのですよ。実際私は1人暮らしを始めたばかりの頃は親がお金を出してくれるから困らないけどなるべく負担を軽くしたいから抑えられるところは抑えて出費を減らそうという感じでした。学生の身分ということもあり、極力お金は使わないようにしようと頑張っていました。しかし人間という生き物は人とのお付き合いがあります。学生は行事の打ち上げやサークルでの飲み、社会人になると飲む会や会が増えてきてお金がかかります。お金がないからとお誘いを毎回断るのは気が引けますよね。そこで私は“遊ぶ時は思いっきり遊ぶ”“毎日の生活で削れるところは出費を削る”というようにメリハリをつけてお金を使う節約をしようと決意しました。

 

~抑えられる出費~

まずは自分の生活でどの出費を抑えられるのか見直してみましょう。

<食費>

一人暮らしをしている場合食事が外食になることが多くありませんか?作るのが面倒くさいから買ってこようと思ってしまいますよね。しかし考えてみてください。500円のお弁当を買ったとします。夜だけ外食となっても500円×30日=15000円もお金がかかります。しかし外食をなくすことにより食費をもう少し抑えることができます。私は実際週1でまとめ買いをしていました。1週間3食を2500円で過ごしていました。したがって2500円×4週間=10000円が1カ月の食事代になります。私は結構お金にうるさい方で値引きや売り出しばかり買っていたので安上がりだったのかもしれません。が、しかし一般的な価値観の人でも単純計算で外食をなくすことにより5000円以上は食費を抑えることができるのです。まとめ買いはとってもお得ということがわかりますね。お金を使いたくなければ誘惑の多いお店に行かなければいいのです。週1回という極力少ない回数にすることがポイントです。

<光熱費>

一人暮らしをしている方にとって光熱費は気になるところですよね。自分しか住んでいないからといって使い放題していると後で痛い目に合うのは自分ですよ。まずは使っていない部屋の電気を消す、使っていいないコンセントは抜く、など自分に必要のないところはどこか探してみましょう。意識することによりここがもったいないと気付けることが増えてきますよ。水道も一緒です。水の出しっ放しは一番もったいないのです。歯磨きの時や手を洗う時などつい出しっ放しにしてしまう人もいるはずです。今ドキッとした人もい

るのではないですか?私にとってそんなのは考えられません。口をゆすいでいる途中であろうが、手に泡をつけて洗っている途中であろうが水に触れない間はちょっとの時間でも水を止めましょう。ちょっとの時間でも毎日の積み重ねでとんでもない量になるのです。そう、ちりも積もれば山となります。節約にも地球温暖化対策にもなり一石二鳥です。

<交通費>

学生でも社会人でも学校や職場まで移動するのに何を使っていますか?近ければ徒歩や自転車で行けるのでお金もかかりませんね。もしバスや電車で通っているのであればいつもより早起きをして運動がてら一駅分歩いてみるのはどうでしょうか。何十円しか変わらないとして積み重ねで一年を通してみると大きい額になりますよ。歩くことで運動にもなり運動不足解消にもなるので一石二鳥ですね。天気の良い日だけでも試してみてはいかがですか。

 

~自分の生活を見直したら~

自分の生活を見直して改善できるところはどこか考える事が出来ましたか?最初のうちは大変と思うかもしれませんが、毎日行っていれば習慣化して極当たり前のことになってきます。当たり前に生活をしていて生活費がどんどん安くなってくると嬉しいですよね。視覚的に節約が成功しているとわかると嬉しくなりもっと頑張ろう!ここをこうすればもっと出費を抑えられるかもしれない!と自分なりの節約術を見つけることができますよ。そうすることにより徐々に楽しみながら節約をすることができます。義務的に追われて節約をするのは長続きもしないですし、苦痛になった衝動でたくさんお金を使ってしまうかもしれません。そんなことは避けたいですね。なので少しずつ自分に無理のない程度で節約をしていけばいいのです。

 

~毎日の生活で節約を頑張ってきたら~

上記にも書いてあったように節約は自分に無理のないようにしていきましょう。そのためにも時々自分にご褒美を与えるように思いっきり遊ぶ日や好きなものを買い物できる日を設けましょう。ご褒美があると人間って頑張れちゃいますよね。月に1回でもご褒美の日があるとその日に向けて毎日の節約を楽しむことができますね。しかしご褒美だからと言ってここでも油断は禁物です。まずは使ってもいい金額を決めてお財布に入れておきましょう。それ以上は入れないようにし使い過ぎを防止します。そしてレシート、領収書は必ずもらうようにしましょう。後々自分が何にお金を使ったのかわかりますよ。

 

~自分の使ったお金を見直す~

一カ月自分の使ったお金を見直す日を作りましょう。何にどのくらいお金を使っているのか、先月よりも多い少ないがわかるとまた頑張ろう!次はもっとここを抑えよう!など新たに節約に対する心構えができます。家計簿の書き方も人それぞれだと思います。自分に合った書き方でいいと思います。無理すると長続きしませんからね。何事も日々の積み重ねですので無理せず続けられる範囲で頑張っていきましょう。家計簿も品物、値段、場所というように細かい情報まで書く方法があれば、値段だけというシンプルな書き方があります。どちらがいいかは個人差があります。

 

~さいごに~

節約とは考え方次第でとても楽しいことに変わります。なんでも我慢していては人生がもったいないです。どうせなら何事も楽しみながら頑張りたいですよね。なのでまずは考え方から変えていき節約を当たり前の生活にしていければいいですね。一人暮らしであればお金は全て自分管理になるので節約に対する意識は高くなると思います。実家暮らしのみなさん。気を抜かずに少しでも親御さんに負担をかけるのを少なくするために頑張りましょう。少しの努力が少しずつ積み重なって大きな結果として現れますからね。

 

(節約の豆知識)

・冷蔵庫の開け閉めは極力減らす…冷気が逃げないように冷蔵庫用のカーテンをつけるのもいいですね。

・テレビは見たい番組だけつけてみる…みない番組もつけっぱなしでいると自然に電気代がかかります。本当に見たい番組をピックアップしておけば電気代の節約になります。見ない時は主電源を切っておけばより節約になります。

・米のとぎ汁でお皿を洗う…少しの汚れであれば洗剤を付けずに米のとぎ汁できれいにすることができます。

・野菜栽培…夏などベランダで野菜を栽培してみてないかがですか。たくさんの種類が育てば夏野菜がお得に手に入れることができます。種から育てて野菜ができると頑張って育てた達成感や趣味へとつなげることができますね。

 

この記事を読んで節約に対する考えや意気込みが変わりましたか?少しでも楽しみながら節約生活ができるといいですね。そして充実した毎日が送れることを願っています。

 

 一人暮らしについて



関連記事

  1. 渋谷の交際クラブに登録に行くことにしました
  2. 節約上手な人はけちけちせず楽しんでいる
  3. ラメラエッセンスCについてアップしました
  4. リバウンドしないように
  5. 葉酸サプリの口コミ
  6. ネフローゼ症候群の危機解決のためにも
  7. 変えちゃえばよい
  8. 詳しくない人の場合でも簡単にできるでしょう
  9. 900円程度となっています
  10. 小プランを最初
  11. 日本ではモンスターが
  12. 書き込みされた誹謗中傷は削除できるの?
  13. 相場の価格通り
  14. 仮に業者の提示
  15. スキンケアの効果を得られるオールインワン
  16. ヤケ食いは身体に良くないので
  17. セルフィー写真で劣等感を感じてしまいます
  18. フラッシュモブ演出の最初
  19. 突然の結婚新生活
  20. 毎日の食事で健康な体作り